« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月25日 (木)

定額通話

シャア専用携帯が出るそうな。
「どーせ、赤くてアンテナが中隊長マーク(おじさんはブレードアンテナとは呼ばない)で、壁紙と着信音がそれっぽいんでしょ、ひょっとして電池の消費が3倍なんじゃね」と思ってたら、 http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071022/sb2.htm

これは、予想を上回るバカっぷり
是非とも充電器にセットしたときは、あの「グゥボォ~ン」っていうモノアイ点灯音を出して欲しいもんです。
店頭に登場する日が今から楽しみですなあ (´ー`)

京都駅に用事があったんで、ついでにビックカメラにも寄ってみた。
特に欲しいものも無いんで、プラモとトイレをチェックして(隊長ウォシュレットでありました!)最後に携帯の新機種を覗いて帰る。

SHARP W-ZERO3[es]買いました。
昔買おうとしたけど2万円もしたんで諦めた機種ですが、今はキャンペーン中で通常毎月の基本料金に上乗せされる本体価格がWILLCOM負担、つ・ま・り・『タダ』なんですッ!!!
2年間の拘束期間があって途中解約したら差額が請求されますけど、使い続ければ問題ナッシング。
しかもPHS同士の通話がタダなのは知ってましたが、PHSからのメールは他社相手でもタダだそうで通話よりもメールが多い現状、今買わずにいつ買うのか!!最早買わざるを得ない!!
何より俺様元PHSユーザー、契約解除してないんで番号やメアドは残ってるんですよねえ、初期の頃に登録したんで、メアドなんて限りなく本名ですw
当時は個人情報なんて概念もなかったですし、何よりこんなにメールが普及するとは思ってもみなかったですからw
携帯の拘束期間が後1年残ってるんで、1年かけて徐々にPHSに移行させるつもり、友達はいなくても仕事の電話は来るんです。 つД`)

初代ZERO-3は大きすぎて好みじゃなかったんですが、エスは丁度良いですね~
今は更に後継機のアドエスってのがありますが、あれはちょっと小さすぎるんで敢えてエスにしました。
け、決してエスに赤外線や無線LANが付いてないのを知らなかったわけじゃあryぽあjど
早速起動させてみましたが、こりゃ電話というよりPDAですね。
「いやPDAですが」という突っ込みは却下でw
俺様PDAも電子手帳も持ってなかったんで、何となく電話の延長みたいなイメージだったんですが、むしろ電話の方が「データ通信のついでにスピーカーとマイク付けときました」って感じのオマケっぷりですね。
電話すると液晶が顔の油でギトギトになりそうなのも、電話機として終わってます。

とりあえず、ブラウザ起動させてみましょう。
見よ!DSで鍛えたこのタッチペン捌きィィィ、フォォォォ ポチッとな
・・・・・・・・・
・・・・・
・・

遅 っ !!
むー、ADSLや光に慣れてるせいかメチャクチャ遅いじゃねーか、しかも見てるHPはパソコンと同じなんでゴチャゴチャ凝ってて重いというダブルパンチ。
何か高速化ツールは無いのかと探してみましたが、その検索自体が遅いという極悪非道ぶり。
高速化ツールないかしら orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

一罰百戒

名前を知らない人の名前が分かりました、写真も貰ったんで昨日の日記に写真を追加
いまだにスボーツニュースのトップは亀田家すか、負けてもこんだけ話題を提供するなんて、ホントサービス精神旺盛ですこと。
あ、勿論カラオケボクサーの擁護なんかしませんよ、あの一家の言動もそれをもて囃すマスコミも不快なだけでしたから、これでちょっとは静かになってくれれば万々歳です。
今度は勝った内藤がチヤホヤされてますが、気を付けろチャンピオン!亀田家を持ち上げるだけ持ち上げて、放り出したのは今お前の周りにいる連中だぞ!

でも今の状況見てたら、亀田家よりも賞味期限が切れた途端に叩き出す世間に呆れません?、「もういい加減あの家族のことは放っておけよ」と思うんですけど、もしも俺様が街頭インタビューされて「もうそのネタは飽きたヨ」とか言っても放送されないんでしょうね。
「卓球の愛ちゃんにまでコメントを求めた」って記事がありましたけど、どんなコメントが欲しかったんだよw
まあ、そういう俺様も日記のネタにしてますけどw
もしもこの先マスコミに持ち上げられることがあっても、調子に乗らないよう気をつけます。

亀田家最大のミスは、ボクシングを選んだことですよね~
プロレスだったら最高のヒールですよ、白いスーツに身を包み、拡声器とムチを持った、悪のマネージャー姿のパパが目に浮かびます。
ハッスルとか良いじゃないんでしょうか、イヤマジで。

旬のネタってことで書いてみましたが、面白い話にはなりませんでした。
そういや、良く考えたら俺様試合見てませんでしたよw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

水冷四発 十二

10月14日、またまた走りに行く。
以前、走りにいったU氏の知人とのことだけで、背格好も乗ってるバイクも人数も不明。
集合場所のコンビニ前で待ち受けモードに入ってたら、会社の派遣さんで顔は知ってるけど名前は知らない人(ゴメンね)を発見!
週明けには名札をチェックすることを誓い、「Uさんのアレですか?」と挨拶しつつ探りを入れる。
「顔だけでも知ってる人がいるのは心強いぜ」、と思ってると到着した『隼』と『YZF-R6』のカップルに近づく名前を知らない人。
一応会釈はしましたが、そのまま世間話をし出す名前を知らない人、ちょw俺様を紹介してww
因みに名前を知らない人のバイクは『GSX-1100R』、世界最速ツアラーにバリバリのスーパースポーツマシン...もしや飛ばし屋さんデスカー?(ゴクリ)
何だか下っ腹が痛くなってきた気もしますがトイレには行ったっけ..あ、俺様は『景色を楽しむ派』です。
そうこうしてる間にU氏ともう1人も到着、ってこちらも『隼』じゃないデスカー、肌寒い日曜の朝なのに変な汗が出てきました。
本日のメンツ、
・GSX1300 隼 2台
・GSX1100R 1台
・YZF-R6 1台
・FZ-1 Fazer 1台
・GPZ900R 1台

Allmachine

ついでに俺様4人以上のツーリングは始めて、もう出発前から色んな意味でテンパッてるところに更なる追い討ちがッ!
俺様ツーリングの恒例、アクシデント発生!!
今回はリアタイヤの空気が減ってる、「パンクでは?」と心配して頂きましたが、原因は大体分かってます、え~っとこのタイヤ何年目だっけ?
相変わらず、俺様の辞書に「整備」という文字はないようです。  \(^o^)/
劣化してるだけなんでGSで空気入れて出発しますが、緊張と焦りとでかなり挙動不審だったんじゃないでしょうかw

コースはいつものR162ですが、2匹の『隼』が速いのなんの、「バイクの性能差が速さの決定的な差ではない」と赤い人も言ってましたが、性能もウデも敵いません、それにしてもあんな大きな車体を軽々と取り回せるもんです、俺様は早々に諦めましたw
いつもの『赤橋(※)』で休憩して、警察で足止めをくらったU氏を待って(面倒なんで説明しませんw)小浜へ抜けるお馴染みのコースを走る。
※『美山ふれいあい広場』のこと、広場手前の橋が赤いから?。

そのまま小浜市街へ入ると、バイクに取り囲まれた小さなビルに到着。
そう、ここが安くて美味いと噂の『かねまつ』、ババ混みなのも噂通りだぜ。
ここで3匹目の『隼』到着、「隼って人気あるのねえ~」と思ってたらビックリ!女性でした。
俺様20年近くバイクに乗ってますが、バイクに乗ってる女性にお目にかかったのは初めてですよ、しかも1日に2人も。
女性ライダーなんて都市伝説だと思ってましたから、そりゃあビックリするし感激もするってもんです。

かなり暫く待って、ようやく料理が運ばれてきました。
俺様は『焼鯖定食(半身) 1,000円』、俺様以外は『特丼 700円』、アレ?ひょっとして特丼を頼むべきだった??
半身って言うから3枚に下ろしたのを想像してたんですが、出てきたたのは鯖の前半分、えぇぇぇ~www
鯛じゃあるまいし鯖のお頭なんて食べねよ、半分出すなら尻尾側にしてくれた方が嬉しいんですけど。
特丼は所謂海鮮丼ですが、「ご飯」「刺身」「ご飯」「刺身」という二段構成になっており、700円とは思えない豪華さ、やっぱ特丼が正解かも。
特丼も捨て難いですが、次は『焼鯖定食(1匹)』に挑戦したいもんです。
そういえば未だに皆さんの名前を聞いてませんでした。
今更聞けないし、日記のオチも決まったし、まあいいですけどねw

午後からはひたすら走る走る、海岸、林道、峠に山中、走りやすい2車線から落ち葉や凸凹路面の1.5車線まで、いや~堪能しました。
後をついて行くのに精一杯で、どこをどう通ったのかサッパリですが、気が付けばR162に戻っており、朝来た道を逆に京都に向かって帰る。
いつの間にか日が暮れるのも速くなって、解散場所の周山街道の市営駐車場に着いたときには、まだ18時なのにもう真っ暗でした。

今回は速いペースについて行こうと無理をして、何度か対向車線や路肩に突っ込みそうになる事もあり、事故だけは避けようと、途中から結構慎重に走りました、いやはやご迷惑お掛けしました。
先導の方は、その辺に気付いてペースとコースを良く考えてくれたんでしょうし、ビビッてあまり打ち解けられなかった俺様にも話を振ってくれたりと、ホントすいませんでした。
給料入ったらタイヤも交換します、でも「タイヤの具合も決定的な差」にはならないんでしょうねw

あ、結局一緒に走った方の名前は教えてもらいましたが、顔だけは知ってる人とは今日も会えず、未だに名前が分からない人のままです。
次までには分かると良いなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月 9日 (火)

発条仕掛

また白昼夢を見た。
今度は「H×H」がジャンプに連載しているというバカバカしい夢だが、10週連続掲載とお茶を濁している辺り、非常にリアリティのある夢でもある。
この幻覚は来週も見そうな気がする。

前回、S・キングに「うしおととらを読め」と書いたが、俺様も読みたくなったので久々に漫画喫茶に行ってきた。
何故か藤田和日朗『からくりサーカス』を読んだ。

週刊少年サンデー連載当時もチェックしてた作品だったが、何話か読み飛ばしたら話がサッパリ分からなくなり、中途半端に進めるぐらいなら後でまとめて読んでやろう、と読むのをやめてしまった作品。
連載はとうの昔に終了したんで、いつでも読めたんだが、長いのとややこしそうというイメージから、何だかんだで敬遠してました。
「とりあえず3分の1ぐらい読んで、面白かったらまた来ればいいや」と思って読み始めたんですが、10:00~22:00まで12時間ぶっ通しで読み続けて、結局全巻読破しました。
こんな面白い話途中で止めれるかよッ!!

これだけ複雑な話を考えたのも、それをちゃんと終わらせたのも驚きです。
前作『うしおととら』もそうでしたが、ストーリーは「主人公の男の子が様々な障害を越えて成長する」っちゅう、いわば少年漫画の王道的展開、その王道を小細工なしの直球ど真ん中で勝負する感じ。
読んだ後は、「前向きに生きよう」って気持ちにさせられる、本当に気持ちの良いマンガでした。
小細工が無いだけにセリフの一つ一つが本当に胸にくるんですよ、10代の男の子には是非とも読んで欲しい漫画ですが、変に自分で枠を作ってしまった大人も一度読んで頂きたいものです。
正直、氏の作品を読んで何も感じない人は、余程捻くれ者か超現実主義者だと思います。

またこの人の書く大人が良いんですよねぇ。
捻くれ者で素直じゃなくて、自信過剰でプライドだけが高くて...でもここぞという時には、ちゃんと駆けつけてくれるんですよ。
個人的にはしろがね-Oのボールになるヤツとか、うしおととらの凶羅とか、死亡フラグ立ちまくりのどうしようもない連中が良いんですよ。
あぁ、やべえ書いてて本気で泣けてきた (つд⊂)

最近は青年誌に短期連載が多いようですが、やっぱりこの人は少年誌で真っ直ぐな作品を描いて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

小人閑話

HUNTER×HUNTERが連載再開するらしい。
多分何かの見間違いだろう、今年は残暑が厳しいといえ幻覚まで見るようになってはオシマイである。
あの漫画が俺様の生きてる間に再開するなどある筈がない。
アレに関しては来世で1巻から読み直す覚悟を決めたので気を確かに持とうと思う。

エリカ様である。
それにしても呼称が「様」とは実にお羨ましい。
俺様も昔は「オカズ様」と呼ばれた身ですが、新聞やニュースで「様」付けで呼んでくれるなんて、皇族かエリカ様ぐらいじゃななもんですよ。
しかしその女王様は、最近その高慢な態度を愚民どもに叩かれて反省してるらし....って「それなんてエロゲ?」
全国一千万の二次オタ諸君!きっとここでフラグが立つんですよッ!!!
とまあ、最近の芸能界はサッパリな俺様が、Yahooニュース見ながら書いてみました。

ホント最近はTVを見てません。
ん~、じゃあ俺様は家に帰ってなにしてるんだ??
えっと昨日は、シャツと靴下を洗濯しながら『さんま御殿スペシャル』を見て、YouTubeで『ガン=カタ』アクションを眺めながら『リンカーン』を見てたらそのまま寝てたんだっけ...俺様は一体何をしてるんだッwww
人生無駄な時間も必要だと思ってますが、改めて見直したら全部無意味でしたw
見直すんじゃなかった orz

でも何だかんだでTVは見てますね。
多分、阪神が連敗しだしてから、試合中継はおろかニュースさえ見なくなったんで、そんな気になったんですかねえ。
一応3位は確保したんで日本一決勝トーナメント(クライマックスシリーズ)には出れますが、今の調子ではとても中日に勝てる気がしません。
もうね、1回下柳、2回上園、3回江草...と1回1投手でJFKまで繋げるしかないんじゃねーの?
当分、帰って寝るだけの日が続きそうです (´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »