2007年12月 7日 (金)

王権復古

今蟹座がアツイ!
30歳以上の人なら覚えてるでしょうけど、昔々『聖闘士星矢』っていうマンガがあったんですよ、アニメ化されたし、今でも漫喫行けば全巻読めるんでひょっとしたら認知度は意外と高いかもしれませんけど知ってます?。

で、その懐かしの『聖闘士星矢』が週刊少年チャンピオンに連載されてるんですが、これに登場する蟹座の黄金聖闘士が格好ヨロシイ。
オリジナル蟹座のヘタレっぷりを覚えてる俺様としては、「この作者は蟹座に違いない」と思える程の優遇っぷりです。
気になって1巻から読んでみたら...蟹以外にも牛と魚が見事に復権を果たしてましたw
復権具合は書きませんので、魚座蟹座というだけで虐げられたトラウマを抱える貴方、読んで歓喜の涙を流して下さいな。
あ、俺様天秤座です、はいはい老師老師、どうせ今回も解説役ですよ。

アマゾンで白土三平の『忍者武芸帳』全8巻を購入してみた。
Bugeicho



なんかこう違和感が...ああッ!7巻しかないッ!!!
不思議なことに4巻だけ中古も新刊もないんですよ、「アマゾンに無けりゃ他から買うまでヨ」と他の本屋のサイトやヤフオクを調べてもダメ、版元の小学館にすら4巻だけが無いんですよ。
こんなことなら「バラ買いじゃなくてオークションで全巻セット買えば良かった」と後悔したものの何故4巻だけ?

1. 作中ヤバイ表現があって、アレな団体からクレームが付き回収した
2. 4巻だけを買い占めて高騰を狙う輩がいる
3. 実は4巻だけ発行部数が少ない
後は、人類滅亡が予言されてるとか古代王朝の秘法や霊界からのメッセージが隠されてるとか...
どうも怪しい臭いがしますね、俺様知ってはいけないことに気付いてしまったのかもしれません。
折角復活しましたが、早々に謎の団体に拉致られそうです。\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 9日 (火)

発条仕掛

また白昼夢を見た。
今度は「H×H」がジャンプに連載しているというバカバカしい夢だが、10週連続掲載とお茶を濁している辺り、非常にリアリティのある夢でもある。
この幻覚は来週も見そうな気がする。

前回、S・キングに「うしおととらを読め」と書いたが、俺様も読みたくなったので久々に漫画喫茶に行ってきた。
何故か藤田和日朗『からくりサーカス』を読んだ。

週刊少年サンデー連載当時もチェックしてた作品だったが、何話か読み飛ばしたら話がサッパリ分からなくなり、中途半端に進めるぐらいなら後でまとめて読んでやろう、と読むのをやめてしまった作品。
連載はとうの昔に終了したんで、いつでも読めたんだが、長いのとややこしそうというイメージから、何だかんだで敬遠してました。
「とりあえず3分の1ぐらい読んで、面白かったらまた来ればいいや」と思って読み始めたんですが、10:00~22:00まで12時間ぶっ通しで読み続けて、結局全巻読破しました。
こんな面白い話途中で止めれるかよッ!!

これだけ複雑な話を考えたのも、それをちゃんと終わらせたのも驚きです。
前作『うしおととら』もそうでしたが、ストーリーは「主人公の男の子が様々な障害を越えて成長する」っちゅう、いわば少年漫画の王道的展開、その王道を小細工なしの直球ど真ん中で勝負する感じ。
読んだ後は、「前向きに生きよう」って気持ちにさせられる、本当に気持ちの良いマンガでした。
小細工が無いだけにセリフの一つ一つが本当に胸にくるんですよ、10代の男の子には是非とも読んで欲しい漫画ですが、変に自分で枠を作ってしまった大人も一度読んで頂きたいものです。
正直、氏の作品を読んで何も感じない人は、余程捻くれ者か超現実主義者だと思います。

またこの人の書く大人が良いんですよねぇ。
捻くれ者で素直じゃなくて、自信過剰でプライドだけが高くて...でもここぞという時には、ちゃんと駆けつけてくれるんですよ。
個人的にはしろがね-Oのボールになるヤツとか、うしおととらの凶羅とか、死亡フラグ立ちまくりのどうしようもない連中が良いんですよ。
あぁ、やべえ書いてて本気で泣けてきた (つд⊂)

最近は青年誌に短期連載が多いようですが、やっぱりこの人は少年誌で真っ直ぐな作品を描いて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

大風呂敷

漫画家の石川賢氏が亡くなられたとのこと享年58歳、メジャー作家と言うよりは知る人ぞ知るマニア向けの漫画家。
代表作はゲッターロボシリーズ、ゲッターはアニメで見てましたが、むしろ続編の『ゲッターロボG』の方が印象に残っております。
特にゲッタードラゴンが大好きで、図工の時間にダブルトマホークを作ったぐらいですが、持ってたオモチャは何故かゲッターライガーだった俺様です、コンバンワ。

昔、完全変形ゲッターロボが発売されてましたが、ゲッターGで同じもの作ってくれたら絶対買いますね。
http://robogeki.hp.infoseek.co.jp/1970/shegetter.html
個人的にはメカ物より虚無戦記や魔獣戦線なんかのファンでしたが、これでゲッターロボも虚無戦記も魔獣戦線も永遠に完結することはなくなったんですね~。
昔はガイバーと虚無戦記目当てで『少年キャプテン』を買ったましたが、当時は週刊ジャンプとかマガジンが話題の中心で、少年キャプテンを読んでいるなどとバレようものなら、非主流派の烙印を押され村八分を食らうんではないかと考え必死で隠してたもんです。

トラウマ話はさて置き虚無戦記ですが、最初は『伊賀の影丸』風の忍術マンガだと思ってたら、生身の人間(?)が瞬間移動はするわ空間は切るわ体が分裂したり同化したり魔物を召還したりとやりたい放題、「山田風太郎小説を視覚的に派手にした」という感じでしょうか。
当初から忍術マンガで収まる話ではないことは伺えましたが、第2部後半からの急な展開はちょっと勿体無いぐらいでした、もうちょっと真田十勇士とのバトルを見たかったです。

余談ですが石川マンガから先に入ったせいか、後年山田作品を読んでも「絵的に地味」と感じあまり好きになれませんでした。
柳生十兵衛や甲賀忍法帖もマンガ化されましたが、どうもケレン味が足りなくて物足りないです。

話が際限なく広がって行くことで有名な上に、連載雑誌が矢鱈と休刊廃刊の憂き目にあうんで兎に角終盤グダグダの印象が強いですが、絵の迫力と途中の盛り上がりはハンパじゃないです。
特に「空間に開いた穴から飛び出してくるグチャグチャドロドロの触手や昆虫か甲殻類っぽいバケモノの群れ」の絵とかホントたまらんです。
58歳なんてまだまだこれからなのに本当に惜しいです。

氏を評した言葉で一番良かったのを引用して今日は終わります。
「広げた風呂敷をたためない人、ただしその大風呂敷の魅力たるや天下一品!」
ご冥福を祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

赤眼戦線

普段立ち寄らない地元の本屋に寄ってみました。
いつもは会社帰りの大型書店で買って、地元商店街の振興発展には非協力的な俺様です、コンバンワ。

特に探してる本があった訳じゃないんで「なんか無いかな~」程度だったんですが『red Eyesイ』の10巻が発売されてました。
ドコが面白いって言われると困るんですが、何故か好きなんですよね~このマンガ。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view_c.jsp?x=C&code=2324&p=1
所謂架空戦記物なんですが、世界観は現在の延長上にあるようで、見慣れた戦車や銃器などが使われてますし軍事組織も映画や小説で馴染みある軍隊そのままです。
このマンガ最大の特色はSupecial Assault Armor(SAA)と呼ばれる機動兵器、つまりパワードスーツが兵装化されてるんですね。
俺様のロボット好きは告白済みですが、パワードスーツも大好物です。
因みにSAAを日本語にすると「特殊強襲用装甲」、あぁタマラン ( ゚∀゚) =3

後、戦争の雰囲気が凄くソレッぽいです、まあ俺様戦争体験も従軍経験もありませんから「本当の戦争はこんなモンじゃない!」と言われても困りますが...
雰囲気的には第二次世界大戦のヨーロッパ戦線って感じ?、ドイツ軍やロシア軍の電撃戦なんかがモデルになってるんではないかと思ってますが、俺様そっち方面の知識は皆無なので全然違ってたら恥ずかしいっすなw  ノ(´д`*)

各巻の最後には設定資料が付いており、これがまた細かい。
細かすぎて付いていけない面もありますが、こういう裏設定っぽいのは好きです俺様。
10巻はSAAの戦闘シーンが皆無なのでちょいと物足りませんでしたが、次巻以降の展開に期待します。
最近登場人物が化け物揃いになってきており、SAA無しで戦闘始めそうなのと、やたらカスタム機が増えてきたのが心配ではあります。
あと言っちゃ悪いですが絵は微妙、兵器の絵なんかは上手いのかもしれませんが、人物に関しては10巻まで読んでいながら未だ区別が付きませんw
ボトムズとか好きな方は読んでみては如何?

実はボトムズ見たことないので責任持てませんけど (;´Д`)

<おまけ>
【10/2】964
体 重  :71.6kg
体脂肪率:20.0%

【10/3】785
体 重  :72.6kg
体脂肪率:19.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

熱烈推薦

DS買って引き籠もるかと思いきや、逆に外出が増えた俺様です。
こんばんわ!
折角持ち運べるんだし、電車の中や公園でFFⅢやってます、意外と喫茶店はヤリ辛いです、コーヒーショップでイヤホン付けながら長っ尻は無理でした。

外に出たついでに池袋のジュンク堂に行ってマンガ買いました。
なんでマンガ買うのにワザワザ池袋まで行ったかっつうと、サイン会があるから!
漫画家のサイン会なんか生まれて始めてですよ、サイン初体験がこの人↓ で良いのかとは思いますが....
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%ab%a5%e9%a5%b9%a5%e4%a5%b5%a5%c8%a5%b7

過去の日記読んでもらえば分かりますが、俺様の感想は大体けなしてます。
物事の感想、評価を下すときに褒める「だけ」というのが信用出来ないんですよねえ、「テキトーに判断してんじゃねぇか」とか「なんか貰ってるか身内じゃねーのか」とか疑ってしまいます。
自分の荒みっぷりに引きますね、俺様過去に何かあったんでしょうか?w

そんな俺様ですが、このマンガはホント面白いです。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3144259&x=C
大爆笑はしませんでしたが、帰りの電車内で終始ニヤニヤしっ放しでした、笑いのツボは人それぞれですので、詳しく説明しても無駄でしょう、どうせ590円です騙されたと思って買ってみては?。

結局サイン会は明日(8/27)でした、今日は整理券だけ貰って退散。
本当に行くべきかまだ迷ってます、う~んどうしよ。

<おまけ>
【8/25】2175
朝 食 :モーニング(不明)
昼 食 :弁当(465+170kcal)
夕 食 :唐揚げ定食+ビール(不明)
間 食 :ドーナツ+アイス(276+286)

体 重  :73.3kg
BMI    :22.7
体脂肪率:17.4%
基礎代謝:1,632kcal
運 動  :609kcal

【8/26】2568+590+850
朝 食 :Baker's+おにぎり(266+203kcal)
昼 食 :パン+ジャージャー麺+ヨーグルト(不明+147kcal)
夕 食 :モネポ+冷しウドン(62+376kcal)
間 食 :アイス+とんがりコーン(不明+217kcal)

体 重  :74.4kg
BMI    :23.1
体脂肪率:17.9%
基礎代謝:1,644kcal
運 動  :646kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

鬱病手記

重いタイトルですが、俺様や身内が鬱になったわけではありませんのでご心配なく。
吾妻ひでおの「失踪日記」が面白かったので続編だと思って買ったんですがね...

失踪日記はホームレスの暮らしっぷりやアル中の治療過程などが、軽いタッチで書かれてて、興味深い内容且つ読み易い絵と構成でとても面白かったのですが、この「うつうつひでお日記」は....

こいつは臭ぇーッ!、二匹目のドジョウ狙いの臭いががプンプンするぜーッ!。

氏が活躍した時期は俺様が小学校低学年ぐらいの頃だったと思います、可愛い女の子の絵は何となく記憶にありますが、「恥ずかしくて読めない漫画」でした。(小学生には何かと刺激が強かったですからw
なので特に思い入れもありません、鬱病でアル中のマンガ家がリハビリで書くのは結構ですが、んな病人の絵日記なんか読んでもちっとも面白くなかったです。
ヤマもオチもありゃしません、氏の作風が不条理ギャグと呼ばれるものだったとしても、仮にもメジャー誌で連載を持っていた人気マンガ家なのによくこんなの出せたもんです。
本人はどこまで売るつもりだったのか知りませんが、「失踪日記が売れたから吾妻の名前で売ってやろうケケケ」って声が聞こえてくるようです。
そしてその作戦にまんまと乗ってしまった自分にもムカッ腹が立ちます。
それとも俺様には分からない面白さが潜んでるんでしょうか?

同人誌のような体裁で売ってはいたようですし、氏のファンは大勢いるんでしょう、氏の絵が好きなら買えばよろしいし、ファンだというなら2冊でも3冊でも買いなさい、アル中鬱病患者の家計を助けたいなら寄付だと思っうのも結構。
全然面白くないことは覚悟して下さい、俺様は1,600円溝に捨てたと思ってます。
このつまらなさをどう説明すればいいやら、とりあえず電車の中の暇潰しにもならず、そのまま駅のゴミ箱に突っ込みました。
(別に俺様、吾妻ひでお氏に何の恨みもありませんよ念の為)

そいや、失踪日記は何か賞取ってましたね、つくづく権威に認められたマンガなんてロクなことになりませんね。
俺様の日記が偉い人の目に止まっても辞退することにします。
あ、賞金賞品の窓口だけは常時開けておりますので遠慮は無用、Full time welcome!です。

<おまけ>
【8/10】1662
朝 食 :牛乳+朝ごパン(137+220kcal)
昼 食 :弁当(463.3+170kcal)
夕 食 :SOYJOY+ハンバーグ定食+モツ葱ポン酢(136+?+66kcal)
間 食 :アイス+クラッカー(70+80kcal)

体 重  :74.0kg
BMI    :23.0
体脂肪率:18.0%
基礎代謝:1,640kcal
運 動  :879kcal

【8/11】2110
朝 食 :朝ごパン(215kcal)
昼 食 :トンカツ定食(880kcal)
夕 食 :おにぎり+きしめん+焼肉春雨サラダ(223+430+271kcal)
間 食 :パン+アイス(不明+70kcal)

体 重  :74.2kg
BMI    :23.0
体脂肪率:17.3%
基礎代謝:1,642kcal
運 動  :953kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

死神帰還

デスノート12巻読んできました。
以下ネタバレですます、未読の方は読まないで下さい。

《 CAUTION  読むなよ!  CAUTION 》
漫画喫茶で初代Lが死ぬところから読み直してきました、やっぱノートを取り返してから初代Lとの決着が付くまでの盛り上がりっぷりはタマランです。
セリフの量もややこしさも半端じゃないですね、ジャンプで読んでたら絶対理解できなかったです。
ですが、正直そこからダレます。
登場人物が次々増えてややこしさに拍車がかかる上、ライトがどうにも格好悪い。
メロやニアに出し抜かれてばっかりで、悪人とはいえ仮にもヒーローでしょ、んもうじれったいわねっ!、って感じです。
でも、ニアを襲ってからは話もシンプルになりますし、かなり理解し易くなりましたね。(セリフ量は相変わらずですが)
11~12巻は実に面白かったです。
ラストについては賛否両論あるでしょうが、俺様的には「こんなもんじゃろな」です。
あの最後は格好悪過ぎともいえますが、実際大量殺人犯であるライトを勝者
にする、若しくは格好良く死なせるのはやはり少年誌には相応しくないでしょう。
想像ですが、作者や編集の想像以上にライトは肯定的が受け入れられてしまい、社会的な反響を考慮しあえて無様な死に様にしたんじゃないでしょうか。
人は人、神になろうとしてはいけないと言うトコでしょうかね。

不満がないわけじゃありません。
ニアのノート交換の罠ですが、魅神のノートが偽者であることに気付いた場面がなく、後から「偽物にすり替えたんだよ~んwww」って言われてもねぇ・・・
死神の存在意義も謎のままでした、最後の最後に天国も地獄も無いなんて設定出して、そんなら人の生死を左右できる死神の存在って何だったんでしょ?、全部に結論をつけろとは言いませんが、最初から重要なキーだった死神がノートの運び屋に過ぎなかったのは残念です。
最後にライトもて過ぎ!、アイドルと女子アナの二股ァ!、松田がやらんでも俺がノートに書いて始末するわ!、死ね!!!
あ、死んだか・・・・ザマミロwwwww

<おまけ>
【7/20】 16,880/2,766
朝 食 :朝ごパンハーフ(215kcal)
昼 食 :弁当(458.8+170kcal)
夕 食 :スジ煮込み定食(不明)
間 食 :ビスコ(99kcal)

体 重  :75.0kg
BMI    :23.3
体脂肪率:19.3%
基礎代謝:1,649kcal
運 動  :993kcal

【7/21】 14,114/1,671
朝 食 :朝ごパンハーフ(215kcal)
昼 食 :弁当(476.6+170kcal)
夕 食 :おにぎり+ソバ(226+?kcal)
間 食 :ジュース+クラッカー(118+80kcal)

体 重  :75.2kg
BMI    :23.3
体脂肪率:20.2%
基礎代謝:1,651kcal
運 動  :752kcal

【7/22】 12443/1655
朝 食 :クラッカー+クロワッサン+カフェラテ(70+283+144kcal)
昼 食 :ローストビーフサンド(467kcal)
夕 食 :サラダ+タイ風春雨(133+225kcal)
間 食 :ミックスナッツ+プリン(180+256kcal)

体 重  :74.6kg
BMI    :23.2
体脂肪率:19.8%
基礎代謝:1,646kcal
運 動  :1.016kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

死神手帳

気が付いたらDEATH NOTEが終わってる。
最初は「絵はキレイだけどセリフ多すぎて読む気になれん」と思って読んでなかったけど、漫画喫茶で暇つぶしに読んだら超ハマった。

すげーーー!、何これ!!、ちょっww人死に過ぎwww!!!
とにかく情報量が多いんで単行本積んで、ちょっと読んでは後ろに戻ってを繰り返して、やっと前後が繋がったときの気持ち良さはタマランですよ。
最初は名前覚えるのも苦労したけど、月でライトはねーだろw
名前が一致するまで誰が誰のこと言ってのか理解できずに何度も何度も読み返したけど、それを苦にしない面白さはあります。
特に○○が××を△△って、□□を☆☆☆したシーンは久々にマンガを読んでゾクゾク来ましたねぇ。
あのページ何回読み返したことか。
第2部は途中まで読んでよく分からなくなったんで、2部が完結してから読み直そうと思ってたら、DEATH NOTE自体完結ですか。
変にダラダラ引っ張るよりはサッサと終わった方が良いけどね。

それで、DEATH NOTE映画化ということですが激しく不安。
キャストはまぁ似てると思いますし、リンゴが好きなアレはCGだそうですんでその辺は「ま、良いんでない」て感じ、じゃあ何が不安かっつうと。
先日ダビンチ・コード見てきました、映画の前に原作も読んだ上での感想。
「読んだら見るな」
ダビンチ・コードは大半が会話による謎解きなので、殆ど動きがなく結論を知ってると、とてもとてもかったるい。
重要な謎解きの場面だったのに、俺様眠かったことしか覚えてねー。
映画自体は良くまとめてると思うけど、やっぱりあっちこっちブツ切りにした感じは否めず、原作を読んだだけにそのブツ切り具合が目立つわけです。

(この下重要なネタバレあり)
特に最後のどんでん返しは、ソフィーが普通の女性だという前提があってこそ、キリストの直系子孫という家系が利いてくるのに、普通の女性という描写がないので全く感情移入できず、オチを聞いても「ふーん」ぐらいの感想でした。
(ネタバレ終了)
事前に原作を読んでいたっていうのもあるでしょうけどね。

DEATH NOTEも同じことを危惧してます。
あれもアクション少なくてセリフ多いから、眠くなりそうな気がバリバリします。
前後2部作らしいんで、ブツ切りはある程度回避できそうですが、さてさてどうなるんでしょうね。

<おまけ>
【6/20】
朝 食 :モーニング(不明)
昼 食 :弁当(435+170kcal)
夕 食 :おにぎり+ザーサイサラダ(187+55kcal)
間 食 :ビスコ(99kcal)

体 重  :75.8kg
BMI    :23.5
体脂肪率:20.1%
基礎代謝:1,657kcal
運 動  :875kcal

【6/21】
朝 食 :モーニング(不明)
昼 食 :弁当(447+170kcal)
夕 食 :豚シャブ定食(621kcal)
間 食 :ビスコ(99kcal)

体 重  :76.2kg
BMI    :23.6
体脂肪率:20.0%
基礎代謝:1,661kcal
運 動  :911kcal

| | コメント (4) | トラックバック (1)